Merci BOX

やっとみなさまにご紹介できる日を迎えました。

すっかりおなじみの「gobe」にデザインしていただいた

ブランのオリジナルパッケージ☆

「Merci BOX」/メルシーボックスと呼んでくださいね☆

ブランのお菓子がかわいくちりばめてあって、

とても素敵に仕上げていただきました。

色も4色、リボンもいろいろですよー

みなさんはどの色がお好みでしょうかー♬

 

オリジナルパッケージの企画は、

もう、ずっと、ずっと考えていて。

いろんな形を模索していました。

差し上げた方も、

いただいた方も嬉しくなるようなという思いを、

gobeが素晴らしく叶えてくれました。

一番最初にデザインを見せてもらった時の

心が躍って、泣けてくる感じ。

忘れられません。

珍しく!色で迷ったり、悩んだりしたけど。

遠く離れていても、

なぜかシンクロしちゃうところがあって、

最高に楽しいお仕事でした☆

 

gobeが作ったスタンプを手にしたことから始まった私達。

まさか、こんな風に繋がっていくなんて、

あの時は想像もしていなかったなーとしみじみ思うと、

心が熱くなります。

こうして出会えたことに感謝なのであります。

 

gobeがデザインしてくれた包装紙や

Merci BOXのおかげで、

ブランのお菓子たちも一層輝きます☆

 

そして、何より。

差し上げた方も、

いただいた方も嬉しい気持ちになってくださいますように!

心を込めてお包みいたします。

新作の「Merci BOX」も

よろしくお願いいたしますー☆

 

 

 

 

 

 

 

 

| - | 22:17 | - | - |
待ち望んだ再会!

先週にことになりますが。

私にとって、いやブランにとっても、

とてもご縁のある方達ご一行が関西から来てくださいました。

昨年、一緒にフランスの旅へ連れて行ってくださったご夫婦とお嬢さん。

そして、このご夫婦と出会わせてくれたgobe姉妹。

夢のような特別な2日間を心待ちにしていて、

楽しすぎる2日を過ごさせていただきました。

せっかく、福島県へ遊びに来たのに。

ブラン以外どこにも行かずに、

2日間ともずっと、ずっと(朝から!)

ブランで過ごしてくれました。

しかも、全ケーキ、カフェメニューを制覇するとか言って。

めちゃ食べていかれました(すごすぎる!)

ずっと下がらない「おいしーい」というテンションと、

キラキラのいいお顔♡

制覇するにあたっての念入りな相談の時だけ、

静かになる、という光景を2日間楽しませていただきました♡

みなさんのおなかはどうなってるの???って思いましたが、

おいしいっていっぱい言ってくれて。

幸せでした。

 

実は、多分来週から発売になります。

お菓子のセットのパッケージをgobeが手がけてくださいました。

「Merci BOX」って言いますの。

gobeには、ダミーしか見せられなかったけど。

ブランにgobeデザインの箱がまたひとつ増えること。

喜んでくれていたので、とっても幸せです♡

 

Merci BOXのご紹介は、近いうちにさせていただきますね。

gobestampのインスタには、

この2日間の滞在picがいっぱいです☆

よろしければご覧くださいね。

http://www.instagram.com/gobestamp/

みなさんの手がいい!

 

 

 

 

 

| - | 21:14 | - | - |
手間ひまのお話#6/Mon matcha

手間ひまのお話#6は新作のケーキ「Mon matcha」

何度も何度も試行錯誤して生まれた新作。

上質の宇治抹茶の香りと濃厚な風味が存分に味わえる

贅沢なケーキに仕上がりました。

鮮やかな宇治抹茶の色、カチッとした四角形。

とても上品な佇まいも気に入っています。

 

土台のショコラ生地には、

アクセントになるソースがしっかりと味が馴染むように

一晩寝かせています。

いちじくはじっくりワインで煮た物を。

飾りのサブレとショコラは、

デザインのアクセントになっていますが、

ただの飾りではなく、

サブレの香ばしさとパリパリのショコラを

抹茶と一緒に食べることで、

より一層おいしくなるように計算されて飾られています。

 

先日、オープン当初からのご常連さまに、

なんだかわからないけど、

とてつもなく手間がかかっているケーキだったーって、

言っていただいて。

伝わっているなーと嬉しくて、嬉しくて。

そういうお言葉に支えられて、

また新しいモノへ進むことができると感じております。

 

「Mon matcha」

コーヒーや紅茶はもちろんですが、

ワインにもなかなかよいですよ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| - | 21:48 | - | - |
おいしく召し上がっていただきたくて

すっかり秋めくこの季節、

みなさまお元気にお過ごしですか。

秋といえば!カフェメニューの和栗のモンブランも始まっています☆

ぜひぜひいらしてくださいね。

 

さて、ケーキのお持ち帰りのご来店が増えるこの季節。

おいしく召し上がっていただきたくて、

ケーキの箱にお取り扱いについてのような、

ご案内を作りました。

 

タルト系のケーキには、

転倒防止の為にケーキと下のトレーを

ジャムで接着しております。

トレーからケーキをとって召し上がる方は、

ケーキの底にナイフやフォークなどを差し込み、

少し浮かせてお取り下さいませ。

トレーのまま召し上がる方はお気になさらずに。

 

お家へ帰ってからもおいしく召し上がっていただきたいので、

細心の注意を払ってお包みしておりますが、

お持ち帰りの際は、平のままにして、

お持ちいただければと思います。

自転車の方はカゴだと振動でケーキが転倒します。

ハンドルにぶら下げるなど、難しいと思いますが、、、

なるべく振動を与えないようにしてお持ちいただければと思います。

 

みなさまにおいしく召し上がっていただきたくて。

よろしくお願いたします☆

 

 

 

 

| - | 14:15 | - | - |
OSCOLABO(オスコラボ)

みなさまこんにちは。

blogは、またまた久しぶりになってしまいまいました。。。

お元気にお過ごしですか?

 

さて、今週末まで芦屋のSAPCE Rというところで、

「オスコラボ」さんのイベントに呼んでいただいて。

かわいいはんことともに、お菓子を並べていただきました。

芦屋での開催でしたので、こちらでは告知ぜず。

FBで告知をしておりましたが、

Blanc.のお客様のご来店があったと、

オスコラボさんからご連絡をいただきびっくりしています。

転勤で関西へ引越しされたお客様。

ワークショップにも参加してくださったみたいです。

こちらがご実家のようなので、

お戻りの時は、ぜひぜひ声をかけていただけると、

嬉しいです。

遠くへ行っても、FBチェックしてくださったり、

なんだかとても嬉しくて。

本当にありがとうございます☆

 

オスコラボさんは、

Blanc.ではすっかりおなじみの「gobe stamp」の姉妹ブランドです。

gobe stampとはテイストが違って、

これまた素敵なハンコです☆

創業大正13年の老舗の技と素晴らしいデザインの、

他にはないハンコだからこそ、

みなさまに愛されるのだなーと感じております。

本当に丁寧にモノづくりされています。

何よりも押すことの幸せ、楽しみが体験できるハンコです。

gobe stampと共にOSCOLABO(オスコラボ)も、

よろしくお願いしますー

いつかBlanc.にも並べることができますようにー!

http://osco.jp/oscolabo

http://www.facebook.com/oscolabo

 

 

 

 

 

| - | 14:36 | - | - |
手間ひまのお話#5ミルフィーユ

9月になりました。

日に日に、秋めいていくのを感じています。

夜は虫が鳴いていますね。

 

手間ひまのお話#5は「ミルフィーユ」

ミルフィーユのパイは、サクッとバターが香って罪な味です。

このパイになるまでは、

パイの層を何度も変えたり、試行錯誤しました。

寝かせる時間やいろいろです。

いろいろと一言で片付けてしまうのは申し訳ないくらい。

いろいろです(笑)

 

中にサンドしてあるカスタードは、

バターが香るパイに合うように。

卵の味がしっかりするカスタード。

季節でサンドされるフルーツがかわるので、

季節ごとの味わいを楽しむのもオススメです☆

 

ミルフィーユは、

サクサク、パリっと召し上がっていただきたい想いから、

店内だけのメニューとなります。

少々、上手に召し上がるのは難しいかもしれませんが、

お気にならさずに、手など使って、

サクサクのミルフィーユを味わっていただきたいと思っております。

 

 

 

| - | 13:44 | - | - |
手間ひまのお話#4ショートケーキ

みなさまこんにちは☆

とてもお久しぶりになってしまいましたが、、、

手間ひまのお話#4は、

大人から子供さんまでご存知のショートケーキのお話。

 

Cafe Blanc.のショートケーキやデコレーションケーキの

フルーツは、季節のおいしいフルーツを飾ることにしています。

特に生クリームのショートケーキと言えば、

みなさま「いちご」を連想される方が多いと思いますが、

いちごのショートケーキになるのは、

国産のいちごがおいしい季節だけとなります。

いちごの季節が終わると、

さくらんぼだったり、巨峰だったり。

その季節のおいしいフルーツになります。

もちろんデコレーションケーキも、

いろいろなフルーツがデコレーションされます。

今の時期だと、いろいろなフルーツの中に、

桃がサンドされています。

私は今の季節のショートケーキが一番好きです。

ショートケーキで季節を感じることができるなんて、

なんとも幸せなことですね。

 

シンプルだからこそ、素材のおいしさにこだわっています。

生クリームの軽さと味わいのバランスを計算し、

クリームに重要な甘みとなる砂糖にもこだわって。

厳選した素材で仕上げております。

その為、

デコレーションケーキはご予約でお作りしておりますが、

ご予約をいただいたお客様の為に、

丁寧に丁寧に仕上げておりますので、

大切な方々とのひととき、

みなさまが幸せな気持ちで、

召し上がっていただけたら、

とてもとても嬉しく思います。

 

それでは#5へ続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| - | 21:03 | - | - |
手間ひまの話#3無駄なものがない

この季節になると、

無性に「Citron/シトロン」が食べたくなります。

味ももちろん好きなのですが、

品のある佇まいといいたくなるケーキ。

私は、シックな美しさにも惹かれています。

 

シトロンはその名の通り、レモンのケーキ。

Cafe Blanc.はタルトで仕上げました。

レモンの酸味とタルトがまたよく合います♡

レモンのケーキというけれど。

レモンの皮と果汁をただ入れて「レモン味」にしているわけではなく。

皮を削るのも手作業。

もちろん果汁も使います。

皮は削る細かさや大きさ、使う部分をちゃんと計算して、

よりおいしくレモンが香るように仕上げています。

また、飾りのココナッツは、

「飾り」って言ったらかわいそうな感じ。

一緒にいただくことでこれがアクセントになって、

無くてはならない存在なのです☆

これまた手作りしていますよー

 

今回、改めてケーキやお菓子について、

パティシエと話してみて。

Cafe Blanc.のケーキやお菓子は、

「無駄なものがない」ということを再確認。

ぜひぜひ、味の調和を楽しんでいただけると嬉しいです☆

いろんな驚きがあるかもしれませんー

 

 

 

 

 

 

 

 

| - | 14:22 | - | - |
手間ひまのお話#2生でもドライでも。

7月になりました。

蒸し暑い日が続きますが、みなさまお元気にお過ごしですか?

 

さて、先日の手間ひまのお話。

読んでくださってありがとうございます☆

なかなかの反響をいただきまして嬉しい限りです。

ありがとうございます☆

今回は#2生でもドライでも。です。

「生でもドライでも。」とは、

ケーキに使われているフルーツのことです。

Cafe Blanc.のケーキに使われているフルーツは、

生で使うフルーツ。

ワインで煮てから使うフルーツ。

長い時間漬込むフルーツ、いろいろです。

おいしいフルーツの素材を活かす為に、

漬込む場合は、お酒も変えますし、漬込む時間も違います。

全て、ケーキとのバランスを計算した、

パティシエのひと手間なのです。

 

タルトに焼き込まれていたり、

パウンドケーキのフルーツになっていたり、

飾りになっていたり。

いろいろです。

ひと手間かけて、

おいしくなったフルーツを探しながらいただくのも、

楽しいかもしれませんね☆

こんなところに、手間ひまを!と、

発見できるかもしれませんー

画像は先日お話したフランス産のいちじく。

今日もおいしく煮えました。

ころんとしててかわいーです。

#3へ続きますー☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| - | 21:22 | - | - |
手間ひまのお話#1パイ

季節の美味しいフルーツで仕上げる焼きたてパイが

「いちじくのパイ」になりました。

このいちじく。

実は、フランスから届いています。

言ってなかったですよねー♪

そのいちじくをワインで煮て、漬込んで。

やっとパイのフルーツになって焼かれているのです。

 

みなさまのお口に入るまでには、

とてつもない時間と、手間ひまをかけて。

焼きたてを、

みなさまにお出ししています☆

 

パイ生地は、48時間以上寝かせています。

パイの状態は、パティシエが職人の目でみて、

最高の生地に仕上げています。

時間も労力もかかるけど、

美味しくなるなら、美味しい方がいい。

と考えています。

十分美味しいのに、もっと美味しくなるように、

毎日試行錯誤しています。

ぜひ、焼きたてを召し上がってくださいね☆

 

手間ひまをおしまず。

#1パイのお話でした。

#2へ続きます。

 

 

 

 

 

 

| - | 20:46 | - | - |
| 1/57PAGES | >>